目指したのは、急須を超えること
日本茶800年の歴史に、新たなときを刻む茶器


急須は、およそ300年前に誕生したと言われています。浮世絵にも登場し、その姿かたちはほぼ変化せずに現代に至ります。刻音(ときね)は現代のテクノロジーを用いて、急須を超える茶器を目指して開発しました。

急須を超える茶器とは「お茶本来のおいしさ 香り・旨み・渋みを、誰でも簡単に引き出せる茶器」「現代のライフスタイルに合う茶器」「お茶を淹れることが楽しみになる茶器」。この3つの要素を兼ね備えた茶器であると考えました。

そして、たどり着いたひとつの答えが「沈殿抽出式」という方法です。
(沈殿抽出式は特許出願中です。)

クリアかつ 深い味わいを引き出し
お茶を淹れるプロセスそのものが 愛おしくなる
刻音とともに すてきなお茶の時間を楽しんでください


2年の歳月と、500回を超える試作でたどり着いた
「沈殿抽出式ティードリップ」という方法

おいしいお茶を抽出するために茶器に求められる条件は、ふたつ。「茶葉が開く空間」と「抽出中に茶葉を揺らさないこと」です。刻音の本体は、茶葉がしっかりと開く空間が確保されているので、お茶のおいしい成分をしっかりと抽出します。またドリップすることで茶葉を揺らすことなく抽出します。


沈殿抽出式とは
茶葉それ自体を「濾過フィルター」として利用すること
山に降った雨や雪は落ち葉などで濾過されながら、ゆっくりと地下にしみ込みます。そして長い年月を経て、湧き水となってふたたび地上に現れます。

この自然の仕組みと同じように、刻音では茶葉自体が「濾過フィルター」の役割を果たしています。フィルターで濾過され、クリアでありながら、しっかり味わい深いお茶を抽出することが可能になりました。
茶葉の表面は、微細な茶葉で覆われています
茶葉自体が濾過フィルターになった状態です

半磁器 ―陶器の温かみと、磁器の丈夫さを兼ね備えた素材―
刻音の本体・フィルターで使用しているのは、「半磁器」。土由来の温かみのある手触りに、適度な強度が加わった、陶器と磁器の良さを併せもった素材です。陶器に比べ吸水性が少ないことから、高温で洗う食洗器の使用が可能です。

金属不使用 ―お茶の自然な風味を保つために―

刻音には、急須やガラス製の茶器でよく使われている「金網」がありません。お茶の自然な風味を保つために、金属を一切使わないことにこだわりました。お茶本来の、繊細かつ豊かな味をお楽しみいただけます。


ガラス容器 ―美しい緑茶の色を楽しめる―

抽出されたお茶は、ガラス容器(サーバー)に少しずつ注がれます。緑茶のあざやかで美しい「すい色」を楽しめるのは、ガラスならでは。このすい色をゆっくり眺めるのも、お茶による癒しの時間です。


ときを刻む、刻音のここちよい抽出音

刻音の抽出音に、ぜひ耳を傾けてみてください。お湯を入れると、「ぽちゃ ぽちゃ」としずくが落ちる音。茶葉が広がるのを待つ間の、ときを刻むような音。最後につまみをゆっくり引くと、川のせせらぎのような音が聞こえてきます。「ここちよい抽出音を聞く」 このお茶を淹れるプロセスも、癒やしの時間になります。


刻音の使い方

ポイントは、ひとつひとつのプロセスを楽しむこと。
日常の喧騒を忘れて、お茶の時間をゆっくり楽しんでください。

茶葉は、1人2g を目安に入れます。
80~90℃のお湯を注ぎます。
30秒から1分ほど置いて茶葉が開くのを待ちます。
30秒から1分ほど置いて茶葉が開くのを待ちます。
つまみをゆっくり引きます。
抽出音を楽しみながら待ちます。
しずくが落ちなくなるまでしっかり待つと、2煎目がおいしくいただけます。
しずくが落ちなくなるまでしっかり待つと、2煎目がおいしくいただけます。
お茶が落ちきったら、本体を蓋兼本体置きに置きます。
湯のみに注ぎます。
出来上がりです。
出来上がりです。

刻音で楽しむ 氷出し玉露
玉露10gを刻音に入れ、氷50gを茶葉の上にのせます。室温にもよりますが、約2時間ほどじっくりと抽出します。氷が溶けきったら出来上がりです。お茶のエスプレッソともいわれる、凝縮された旨みをお楽しみいただけます。

刻音 プロダクトデザイナー

石黒猛 氏(写真右)
1995年にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科を修了後、96年からIDEO社に入社。1998年発表の「RiceSalt&Pepper shaker」と2007年発表の加湿器「chimney」はニューヨーク近代美術館に永久保存。2002年にIDEO社を退職後、個人活動をスタートし、JAXAと共同で国際宇宙ステーション用の折りたたみ式撮影背景を開発(その後、宇宙ステーション「きぼう」にて運用)。
伊東祥次 氏(写真左)
1971年生まれ。多摩美術大学を卒業後、1997年よりNTT InterCommunicationCenter[ICC]調査研究・ワークショップ担当、2002年より株式会社良品計画にて企画デザイン室長、欧州事務所商品開発担当部長を歴任。2009年に独立。

日本茶専門店様のお声

この茶器で淹れてみたい、ということからスタートする楽しみ方もはじまっている今、刻音は、CHABAKKA TEA PARKSのメイン客層である若い世代に違和感なく受け入れられるだろうと、とても興味をもちました。

刻音のドリップ式は、茶葉が揺れないため雑味が少ないだけでなく、旨みの出たお茶が、引力でたまらずしっかり落ちていくので、それがおいしさのポイントだと思っています!

日本茶セレクトショップ「CHABAKKA TEA PARKS」
株式会社Third Bay
代表 三浦 健様

https://chabakkateaparks.com/
神奈川県鎌倉市御成町11-10

茶器としては珍しい沈殿抽出式という抽出方法で抽出されたお茶は、香り豊かに豊潤な味わいを楽しむことができます。”刻音”の名に相応しく、まるで砂時計を眺めるようにそのひと時も楽しめる茶器です。

今後、刻音の様々なレシピと共に日本茶を楽しむひと時も広がっていくと嬉しいですね。

Satén japanese tea
株式会社抽出舎
CEO. 茶リスタ 小山 和裕様

https://saten.jp/
東京都杉並区松庵3-25-9


刻音 沈殿抽出式ティードリッパー

  • 販売価格
  • 5,500円
  • (税別)

クラウドファンディング実施中のため、当ホームページでの販売はしばらく休止いたします。マクアケにて応援よろしくお願いいたします。
https://www.makuake.com/project/tokineteadrip/


お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
ボタン
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
株式会社吉村
https://www.yoshimura-pack.co.jp/
〒142-0041 東京都品川区戸越4-7-15
℡03-3788-6118