カートを見る

刻音で、今年の新茶を淹れてみませんか
大切な人といっしょに お茶の時間を

刻音(ときね) 沈殿抽出式ティードリッパー

茶葉をフィルターにして 日本茶をドリップする
日本茶800年の歴史に、新たなときを刻む茶器

急須は、およそ300年前に誕生したと言われています。浮世絵にも登場し、その姿かたちはほぼ変化せずに現代に至ります。刻音(ときね)は現代のテクノロジーを用いて、急須を超える茶器を目指して開発しました。

急須を超える茶器とは「お茶本来のおいしさ=香り・旨み・渋みを、誰でも簡単に引き出せる茶器」「現代のライフスタイルに合う茶器」「お茶を淹れることが楽しみになる茶器」。この3つの要素を兼ね備えた茶器であると考えました。そして、たどり着いたひとつの答えが「沈殿抽出式」という方法です。(沈殿抽出式は特許及び商標出願中です。)

クリアかつ深い味わいを引き出し、お茶を淹れるプロセスそのものが愛おしくなる茶器。刻音とともに、すてきなお茶の時間をお楽しみください。

沈殿抽出式

沈殿抽出式(ちんでんちゅうしゅつしき)は、2年の歳月と500回の試作を経て完成しました。ペーパーフィルターやステンレスの茶こしなどを使わずに、日本茶をドリップする独自の方法で、お茶の繊細な個性(香り、旨み、渋み)をしっかりと引き出す茶器です。

沈殿抽出式とは、茶葉それ自体を「ろ過フィルター」としてお茶を抽出すること。お湯が注がれた茶葉は、刻音本体の広い空間のなかでゆっくりと開きます。やがて沈殿し、何層にも重なり合い「ろ過フィルター」のようになります。抽出されたお茶は、重力にしたがってサーバーに落ちていきます。その際、雑味や微細な茶葉がフィルターでろ過されることで、クリアでありながら、味わい深いお茶を抽出することが可能になりました。

金属不使用

刻音には、金属のパーツがありません。本体やつまみは「半磁器」、サーバーは「耐熱ガラス」でできています。お茶の自然な風味を保つために、金属を一切使わないことにこだわりました。お茶本来の、繊細かつ豊かな味をお楽しみください。

半磁器 ―陶器の温かみと、磁器の丈夫さを兼ね備えた素材―
刻音の本体・フィルターで使用しているのは、「半磁器」。土由来の温かみのある手触りに、適度な強度が加わった、陶器と磁器の良さを併せもった素材です。陶器に比べ吸水性が少ないことから、高温で洗う食洗器の使用が可能です。

ガラスサーバー ―美しい緑茶の色を楽しめる―
抽出されたお茶は、ガラスのサーバーに少しずつ注がれます。お茶のあざやかで美しい「すい色」を楽しめるのは、ガラスならでは。このすい色をゆっくり眺めるのも、お茶による癒しの時間です。

お茶を淹れるプロセスを楽しむ

砂時計のようなデザイン
刻音でお茶が抽出される様子は、まさに砂時計が落ちていくよう。サーバーに注がれるお茶は、それはそれは美しいものです。ゆったりとした時の流れを感じてみてください。

ここちよい抽出音
刻音の抽出音に、ぜひ耳を傾けてみてください。お湯を入れると「ぽちゃ ぽちゃ」と、しずくが落ちる音。茶葉が広がるのを待つ間の、ときを刻むような音。最後につまみをゆっくり引くと、川のせせらぎのような音が聞こえてきます。

美しいすい色をながめ、ここちよい抽出音を聞く。この日本茶を淹れるプロセスこそが、癒やしの時間を演出します。さらに、茶葉が捨てやすい設計であること、持ち手や突起部分がなく、収納がしやすいデザインも刻音の特徴です。

刻音の使い方


刻音 プロジェクトチーム

プロダクトデザイナー

石黒猛 氏(写真右)

1995年にロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート工業デザイン科を修了後、96年からIDEO社に入社。1998年発表の「RiceSalt&Pepper shaker」と2007年発表の加湿器「chimney」はニューヨーク近代美術館に永久保存。2002年にIDEO社を退職後、個人活動をスタートし、JAXAと共同で国際宇宙ステーション用の折りたたみ式撮影背景を開発(その後、宇宙ステーション「きぼう」にて運用)。

伊東祥次 氏(写真左)

1971年生まれ。多摩美術大学を卒業後、1997年よりNTT InterCommunicationCenter[ICC]調査研究・ワークショップ担当、2002年より株式会社良品計画にて企画デザイン室長、欧州事務所商品開発担当部長を歴任。2009年に独立。

お客さまからの声

  • こういう茶器がほしかった!
  • 実験器具みたい。好みのお茶を入れられるように探求したい
  • 持っていることを、誰かにちょっと自慢したくなります
  • 日本茶好きの友人にプレゼントしたい
  • コーヒー派から日本茶派になりそう
  • お茶の時間がとにかく癒やし
  • お茶の時間がとにかく癒やし

刻音 オンラインショップ


ご注文確定から、4営業日以内に発送いたします。(休業日を除く)
※「コンビニ振込」ご注文の場合は、入金確認後に出荷準備いたします

刻音 沈殿抽出式ティードリッパー

【刻音用オリジナル煎茶付き】
はじめて刻音を使う方に素敵な日本茶体験をしていただくために、刻音用煎茶1回分をお付けしています。

※2022年4月に価格を改定しました
  • 販売価格
  • 6,820円
  • (税込)

刻音 沈殿抽出式ティードリッパー
刻音ブレンド(煎茶)セット


【セット内容】
● 刻音 沈殿抽出式ティードリッパー
● 刻音ブレンド(煎茶50g)

※2022年4月に価格を改定しました
  • 販売価格
  • 8,250円
  • (税込)

茶雑菓  ダブルウォールグラス

100ml 2個セット


※2022年4月に価格を改定しました


  • 販売価格
  • 1,870円
  • (税込)

200ml 1個


※2022年4月に価格を改定しました


  • 販売価格
  • 1,870円
  • (税込)

200ml 1個


※2022年4月に価格を改定しました


  • 販売価格
  • 1,870円
  • (税込)

お茶道具

V60温度調整付き
パワーケトル・ヴォーノ
【HARIO】



  • 販売価格
  • 16,500円
  • (税込)

V60 ドリップスケール【HARIO】

※V60ドリップスケールのみの販売です。

  • 販売価格
  • 4,950円
  • (税込)

V60 ドリップスケール【HARIO】

※V60ドリップスケールのみの販売です。

  • 販売価格
  • 4,950円
  • (税込)
【ご注意】本体とつまみは、一対で製造しております。単体での販売はお受けしておりませんので、ご了承くださいませ。

刻音 パーツ販売

ガラス容器
  • 販売価格
  • 1,408円
  • (税込)
本体/つまみ
  • 販売価格
  •  4,153円
  • (税込)
フタ兼本体置き
  • 販売価格
  • 739円
  • (税込)
本体/つまみ
  • 販売価格
  •  4,153円
  • (税込)
刻音 沈殿抽出式ティードリッパー

材質 | 半磁器(波佐見焼)、耐熱ガラス
寸法 | 直径95mm×高さ169mm 実用容量:300ml
備考 | 食洗機使用可能

刻音ブレンド(煎茶)

サイズ  | 120×200mm
賞味期限 | 製造日より210日
(お届けより140日以上お日持ちするものを発送いたします。)

ダブルウォールグラス
材質 | 耐熱ガラス
寸法 | 100ml 約70mm×70mm×70mm
     200ml 約85mm×85mm×90mm
備考 | 食洗機使用不可
ダブルウォールグラス
材質 | 耐熱ガラス
寸法 | 100ml 約70mm×70mm×70mm
     200ml 約85mm×85mm×90mm
備考 | 食洗機使用不可
V60温度調整付きパワーケトル・ヴォーノ【HARIO】
材質 | 本体・フタ:ステンレス
     取っ手・フタツマミ・電源プレート:ポリプロピレン
寸法 | 300mm×190mm×185mm(口径77mm)
備考 | 最小容量300ml  最大容量800ml

温度は50〜96℃の範囲で設定でき、加熱後は15分間保温ができます。

・空焚き防止機能付き
・オートパワーオフ機能付き
・電気コードの長さ1.2m
V60ドリップスケール【HARIO】
材質 | 本体:ABS樹脂
寸法 | 120mm×190mm×29mm
備考 | 計量範囲: 2〜2000g/計測時間: 99分59秒

Instagram


お知らせ

2022/4/22 ゴールデンウィーク休業のお知らせ │ 4月29日(金・祝)〜5月8日(日)

※4月28日(木)12時までのご注文・入金確認ができたものを当日出荷いたします
※各種対応につきましては、5月9日(月)より順次進めてまいります。
2022/4/5 ・ホームページをリニューアルいたしました
・刻音、ダブルウォールグラスの価格を改定いたしました
2022/1/21 たくさんのご要望をいただきまして、「パーツ販売」を開始いたしました。
2020/12/1 クラウドファンディング【Makuake】での応援購入、ありがとうございました!
https://www.makuake.com/project/tokineteadrip/
2020/12/1 クラウドファンディング【Makuake】での応援購入、ありがとうございました!
https://www.makuake.com/project/tokineteadrip/

メディア情報

2021/06/15 マガジンハウス
『Hanako特別編集 私が知りたいお茶のこと、すべて。』
https://magazineworld.jp/books/paper/5482/
2021/02/13 GIZOMODO
水滴の音に癒やされる。コーヒー式で日本茶を淹れるドリッパー「刻音」
https://www.gizmodo.jp/2021/02/tokine.html
2020/12/9 @DIME(小学館)ウェブ版|茂木雅世のお茶でchill out!
在宅ワークの休憩時間におすすめ!お茶の雫が奏でるリズムが心地いい茶器「刻音」の魅力
https://dime.jp/genre/1077713/
2020/12/9 @DIME(小学館)ウェブ版|茂木雅世のお茶でchill out!
在宅ワークの休憩時間におすすめ!お茶の雫が奏でるリズムが心地いい茶器「刻音」の魅力
https://dime.jp/genre/1077713/

お問合せ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。